七五三で着る衣装とは?

投稿日:

七五三について
地域によって違いがあるようですが、7歳、3歳が女の子で、5歳が男の子と言われています。けれど昔のような堅苦しい風習も風化しつつあり、時代も変化し続けています。子供の服装は、着物やドレス、スーツなどですが、最近ではカジュアルな服装も多くなっています。付き添いの親の場合、母親は着物やスーツなどで、着物の格としては、訪問着や付け下げが相応しいです。父親はスーツが基本ですが、ブレザーを羽織る程度でも良いでしょう。あくまで主役は子供ですから、余り目立つような服装は避け落ちついたものにしましょう。最近の傾向として、高価な衣装を購入するより、レンタルを利用する人が増えています。又前撮りと言って、七五三参りをする前に、写真スタジオで記念写真を撮るのが定番のようになっています。特に女の子にとっては、可愛い衣装を身に着けてメイクまでしてくれるのですから、子供ながらも自分の姿にうっとりするようです。家族写真も撮ってくれますから、とても良い思い出となるでしょう。